2012年4月9日

手描き裏地を使用した礼服

手描き裏地を使用してお仕立てした、礼服をご紹介させていただきます。

先日、ホームページをご覧いただき、お客様にご来店頂きました。
お客様より、「礼服の裏地にこだわりたい。」と、ご相談をいただきました。
種々、裏地の見本をご覧いただき、手描きで「タカ」がほどこされた裏地に決まりました。
そして、先日、手描きで「タカ」がほどこされた裏地で、お仕立てした礼服が出来上がってきました。
とてもお洒落でオーダーならではの逸品となりました。

出来上がりの礼服を納品させて頂いた際、お客様に大変満足していただき嬉しく思っています。

裏地はほとんど人目にさらされない部分ですが、スーツを長持ちさせるためや、シルエットを崩さないため、そして表生地へのダメージを少なくするためには、必ず必要になってくる部分です。

また、スーツを脱ぎ、折りたたむ場合には、表生地を傷つけないために、裏を表側にして折りたたむのが主流です。折りたたむ際には、裏地が丸見えになり、目を引くことにもなります。

一見「脇役」のような裏地の役割ですが、シンプルな中に遊びを加えたり、さり気なくクラシックな裏地にするか、また表からは想像できないくらい遊んだ派手な裏地にするか、、、ここでもセンスが光ると思われます。
手描き裏地の絵柄は、浮世絵シリーズ、礼装シリーズ、動物シリーズと種々様々ご用意しております。

詳しくは当店の フォーマルウェア ページでもご案内しております。
裏地に少しでも興味のある方は、是非一度当店へご相談ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿