2015年10月25日

映画の描いた世界

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」の
主人公がタイムスリップで訪れる設定だった、
「2015年10月21日」

メディアはスクリーンの中の世界を「検証」した結果を
先日のニュースになっていました。

メガネ型端末、小型ドローン、ビデオ通話、薄型テレビ、タブレット端末は
実現したと。

また、30年後はどのようなものが実現可能かとも。

予想は介護支援ロボット、感覚を伝える義手。
宇宙友人活動拠点、宇宙観光、宇宙太陽光発電等があげられていました。

科学技術の進展には目を見張る思いです。

翻ってファッションの世界はどうかと思い巡らせました。
30年前、メンズ業界ではソフトスーツ全盛期でしたが、30年経過した今では
タイトのスーツが主流を占めて隔世の感があります。

30年後のファッションはどのようになると想像もできませんが、
最近は機能性スーツなども開発されていますが、ファッションを
楽しむという人間の五感に関わる人間本来の感覚はあまり大きく
変化しないかも知れないと思ったりもします。

どうでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿