2015年11月8日

流行している若者言葉

当社の近大前店は近畿大学大学通りに店舗があります。
近大生が多く行きかい、時々学生さん達の会話が耳に入ってきます。
聞き慣れない言葉で意味がわかりません。

先日ある新聞記事に載っていまして、興味がありますので、
読んでいますと、理解出来ました。

フロリダ ー 風呂に入るのでメッセージのやり取りから離脱する
イチキタ ー 一時帰宅の略
TN女子 ー 「たいしたことないじゃん」の意
ずっ友 ー ずっと友達でいようね
てへぺろ ー 「てへっ」と笑い、「ぺろっ」と舌を出す仕草
メンディー ー 面倒くさい

若者ことばを研究されている大学教授によれば、
「まるで暗号のようで仲間内だけに通じる、その言葉を使うことで
仲間意識を高めている」と指摘。
業界用語なども同じであると思われます。
私がこの紳士服業界に入った頃、紳士服製造卸業者は
「つぶし屋」と言っていました(なんとぶっそうな言葉ですが)
反物(50m程)を仕入れて各サイズ別のスーツ(20着程)を
作るので、この様な呼び方をしていたのではないか?
今ではアパレルメーカーとかっこよく言うのですが!
途中で消えてゆく言葉もあれば、長続きする言葉もあります。
「超(ちょー)」などは今では若者を初め世代を超えて使っています。
ファッションの世界も一時的なブームから世代を超えて支持されるものも
あり、共通するものもあるかと思ったりもします。

0 件のコメント:

コメントを投稿