2015年12月13日

今年は予想通り暖冬

日本列島で暖冬が続いている。
気象庁のよると11月の平均気温は平年に比べて2〜3度高いそうです。
暖冬による被害も出ている。
松江市では干し柿にカビが発生し、4分の1を廃棄処分。
市原市では大根の成長が早すぎて価格が例年より半値に下落。
3割の大根を廃棄処分。

老舗酒造会社の杜氏はモロミの品質管理が難しく、酵母が活動しすぎて
味が整わず苦労していると語っておられます。

一般的に暖冬より寒い冬の方が冬物衣料やエアコンが売れて
景気が良くなる様です。

百貨店でも冬物コート類は不振のようですが、私共、業界では
頑張っている店も多くあります。

気候に左右されず店のコンセプトを明確にし、お客様のニーズに
合った品揃えの店はお客様に支持され、さほど売上のブレはない様です。

やはり個人の店はオーナーの熱い思いがお客様とのコミュニケーションに
よって成り立っていると改めて思う次第です。

0 件のコメント:

コメントを投稿